社員証をきちんと持つ理由とは

どのような会社でも、社員証というものを用意しておくべきです。というのも、自分が誰であるかと言う事を、どんな人にも瞬時で判断してもらえると言った意味では最高のアイテムになるからです。これからの時代では、個人情報保護法によって、個人情報の取扱にとても慎重になる必要があります。特にインターネットを中心とした業務を展開しているところでは、こういった意識を持ってコンプライアンスを組み立てて行く事がとても大事だと言えるのです。個人の情報をしっかりと管理して行かなければならないですし、自分が何者かを特定する事で怪しい人物が侵入した事になってもすぐに解る様になります。それには、社内でばったりと人同士が会った時には、必ずや挨拶をすると言う事が大事です。それによって、その人が誰なのか、社員証を通して改めて確認出来るのです。

うちの会社の社員証について

企業に勤める会社員には必ず必要なものがあります。それは社員証です。これがあると、その会社の社員であると証明できます。そして、形には色んな形があります。今回はうちの会社で用いられている社員証を、紹介したいと思います。うちの会社ではカード型のものが用いられています。このカード型の使い道としては、毎日会社に入るために守衛さんの前を通るのですが、その時に守衛さんに見せて、中にいれてもらいます。毎日、顔を合わせるので覚えてくれているとは思うのですが、会社のルールとして見せています。一度同僚が家に忘れていたのですが、その時は、中に入れてもらえず遅刻扱いになりました。その後、同僚は上司にこっぴどく怒られたそうです。社員証には顔写真と社員番号と、うちの会社の社名がのっている程度なのですが、なくすと一大事になるとのことで大切にしています。

ICカードのついた社員証について

うちの会社の社員証にはICカードがついています。うちの会社では、社員によって出入りできる場所が異なります。また、各拠点にはICカードによって、出入り口のロックを解除する仕組みになっています。その為、各社員によってICカードを持つ必要がありました。しかしながら、カードですとなくす可能性がでてきましたので、社員証の中にICチップを埋め込んで、それによりICカードの代わりとするようにしました。すると、それまで、ICカードをなくす社員がちらほらといたのですが、重要なものと考えたのか、なくす社員がほぼいなくなりました。また、うちの会社では、ICカードによって各社員の入出記録をとっております。これにより、同時に勤怠管理を行うことができ、コストダウンにつながっています。ICカードを組み込んだ社員証は有益だと考えます。

初回お取引全国送料無料(お取引金額1万円以上)まずはお見積もりから。いつまでもお待たせしません!迅速なお見積書の発行も私たちのモットーです。どんどんお呼び下さい!打合せにも伺っています!個人事務所様から大手企業・団体様まであらゆる業界・法人形態を問わず納入実績ございます。日本全国親身にご対応しておりますのでご安心下さい。社員証ならこちら